中古マンションの特徴|brilliaブランドのマンション購入【不動産売買の手引き】

人気の高い物件

新築の分譲マンションはとても価値が高い物件だと言えます。ですが、近年注目を集めているのが中古の分譲マンションなのです。その理由は、中古分譲マンションの特徴を知ることで理解できるでしょう。リフォームのポイントと合わせてチェックしていきましょう。

中古マンション購入時のポイント

間取り

リフォームを前提とした中古分譲マンション選びの場合、間取りにこだわるようにします。基本的に間取りが変更できる物件を購入するのが一番です。マンションの構造は様々で、中には間取りが変更できない物件もあるでしょう。間取りが変更できなければ、理想の住宅を実現することができないのです。例えば、間仕切りの素材をチェックするようにします。木や軽量鉄骨で間仕切りが作られている場合は、間取りを変更しやすいのです。高層マンションの場合、間仕切りが木や軽量鉄骨でできていることが多いので、リフォームしやすいとされています。

天井と床

リフォームを考えている場合は、天井や床もチェックしておきましょう。照明や水回りの変更に大きく影響してくるからです。水回りを動かす場合、配管なども移動させなければなりません。二重床になっている場合は、配管などを移動させやすいのです。また、照明も同様に配線を移動させる必要があります。天井と床に十分なスペースがあるかを確認しておきましょう。天井と床にスペースがない場合は、思い通りのリフォームができなくなってしまうのです。配線や配管を表に出さなければいけなくなるでしょう。見た目も悪くなってしまいます。

注意点

リフォームの注意点を確認しておけば、失敗を防ぐことができるでしょう。一般的に北側の壁にカビが発生しているマンションは、リフォームしにくいと言われています。理由としては断熱不足が挙げられるでしょう。また、窓枠に黒カビが発生している場合も、断熱不足が原因と考えられます。これでは、リフォームの際に断熱加工が必要となるため、費用がかさんでしまうのです。結局、無駄なお金を使ってしまうことになりますから、十分に注意しておきましょう。また、床の段差が多いマンションにも注意します。老後や住みやすさを考えると、できるだけフラットな床の中古マンションを探しましょう。

中古マンションの特徴

部屋

恵まれた立地

基本的にbrilliaの中古マンションは立地条件に恵まれていると言われています。中古マンションの場合は、立地の良い場所を確保しやすいのです。一般的に、立地条件の良い場所から埋まっていきます。新築のマンションに手が出せない場合でも、中古物件なら同じ土地で条件の良い物件を探すことができるのです。駅前に新築と中古のマンションが並んでいる場合は、後者の方が安く購入できるでしょう。ですが、立地に恵まれているので、資産価値も落ちにくいのです。さらに、新築マンションと変わらないクオリティを保っていることも多いでしょう。人気のエリアで中古分譲マンションを探してみましょう。きっと、良い物件が見つかります。

安全性の高さ

中古分譲マンションといえども、マンションの安全性はとても高いのが特徴です。地震などの災害からも守ってくれるでしょう。実際に、地震などでマンションが倒壊することは少ないと言われています。一戸建て住宅に比べても、それほど耐震安全性に変わりはないでしょう。中古物件なら価格も手頃なので、手軽に安心して生活できる環境を手に入れることができるのです。また、管理が行き届いているマンションであれば、より安心して生活することができます。brilliaの中古分譲マンションなら、防犯設備なども充実しているでしょう。オートロックなども利用できます。生活環境を整えたいと思っている方には、おすすめの物件なのです。

理想を実現しやすい

リフォームやリノベーションを活用することによって、理想の住まいを実現することが可能です。中古分譲マンションなら、リフォームの費用も安く押さえることができるでしょう。大規模な工事も手軽に行なうことができるのです。また、生活環境に合わせてリフォームすることも可能でしょう。家族でマンションに住んでいる場合は、子供の成長に合わせて間取りを変えることができるのです。マンションの一室なら、短い期間でリフォームすることができます。安く購入でき、自分の好きなように間取りを変えられるのは、中古分譲マンションならではの特徴と言えるでしょう。さらに、リノベーションすることでマンションの価値を高めることもできるのです。新築マンションと同等の資産価値を実現できます。

広告募集中